不動産手数料とはなんなのか

不動産手数料について勉強した

不動産仲介業務が無かったら

不動産仲介業務が無かったら

土地や建物、所有するマンションなどを売却したいあるいは賃貸物件として貸し出したいという場合、一般の方が買い手や借り手を探すのは困難でしょう。

また、一般の方が土地や家マンションなどを買いたいあるいは借りたいと考えた場合、自分の条件にあった物件を探し様々な交渉をして契約を結ぶなど不可能なことです。

不動産会社の仲介業務が無ければ、多くの人たちは快適な住まいを手に入れることができないことでしょう。

現在、不動産業者が売りたいあるいは貸したいという物件の情報を受け取った場合、その情報は不動産流通機構・通称レインズという不動産業者専用サイトに登録されます。

大手不動産会社の専用サイトとともに全ての不動産業者が同じ情報を共有することで、不動産取引がスムーズに行われるようになりました。

不動産物件を買いたいあるいは借りたいという方に対してサイトの中から条件にあったものを検索して紹介するのも重要な仲介業務の一つです。

仲介手数料はこれらの業務に対して契約が成立した場合支払われる代金です。

仲介手数料は何時、どんな場合に払うのでしょう

所有する土地や家屋、マンションやアパートなどを売却したいあるいは賃貸物件として貸し出したいと考えた場合、不動産業者に依頼して買い手や借り手を探してもらう契約を結びます。

この契約を媒介契約といい、逆に家や土地、マンションやアパートを買いたいあるいは借りたいと思って不動産業者に依頼し、気に入った物件が決まって購入あるいは賃貸契約を結ぶことが決まった場合も、買い手あるいは借り手は不動産業者とこの契約を結び仲介業務に対する代金として仲介手数料を支払うことになります。

不動産手数料は無料のところがあるよ

不動産取引の仲介手数料は、契約が成立した場合にのみ請求できる代金で、例えば転勤先の街で新しいマンションを探しているような場合でも、いくつかの条件に合った物件を紹介され現地に連れて行ってもらって比較検討したとしても、実際にその中に気に入った物件があって契約が成立しなければそれらの業務に対して代金を支払う義務はありません。

仲介手数料は、売買契約であれば物件引き渡しの際に、賃貸契約であれば契約成立の際に支払われるのが一般的です。